スノボー初心者はまず転ぶこと

スキー経験者でも板の上に両足をのせて滑るスノボーはスキーとまるで勝手が違います。
またウィンタースポーツに初めてチャレンジするという方にとっても、板に乗って雪の上を滑るというのは恐怖心を感じることかもしれません。
最初は誰もがうまくいかず、ボードの操作どころか、少しも滑る事が出来ないと感じるかもしれません。
ちょっと進んでは転び、またちょっと進んで転び・・・こんなことで滑るようになるの?と思いますが、転ぶという事も雪の上という状態に慣れていくための立派なステップです。

でも実はスノボーはスキーよりもずっと楽で、初心者の方もスキーより早く乗りこなせるようになるといわれています。
スキーの板2枚にそれぞれ足をのせて、バランス、筋力また技術を使ってうまく滑っていかなければならないスキーと比較すると、スノボーはバランス感覚と滑るコツ、体重移動を覚えてしまえば案外すっと乗れるようになるのです。

スノボーの基本動作としては、前に進む、左右に曲がる、そしてスピードを緩めて停止するという動作です。
またうまく転ぶという事もスノボーの重要なステップです。
できないのは当たり前、と頭の中に入れて、雪の上のスポーツを大いに楽しんでください。

当サイトはスノボーの滑り方について特に初心者の方に理解していただくためのサイトです。
ちょっとづつ乗れるようになると、もう少し、もう少しと時間を惜しんで楽しめるようになっていきます。
滑り方のコツなどを当サイトでぜひ、覚えていって下さい。